イメージの共有|WEBチラシやフリーペーパー等による広告|適切な広告媒体を選ぶ

WEBチラシやフリーペーパー等による広告|適切な広告媒体を選ぶ

イメージの共有

レディ

ブランディングとは、企業または商品のイメージを世間一般に広く知れ渡らせることで、その企業や商品価値を高めるマーケット戦略のことを言います。例えば同じ会社が出している商品だとしても、高級志向と価格の安い商品、年配向けとそうでないもの、など商品1つ1つにイメージを与えることで、ターゲット層の購買意欲を左右します。企業が販売戦略を立てる上で、ブランドを育成することはとても大切です。ブランディングが成功し、より大きなブランドになればなるほど安心感や信頼も生まれます。例えば薬。成分が全く同じだとしても、知名度の高いものとそうでないものでは、圧倒的に知名度の高い商品のほうが売れていきます。食品や薬品などでは、より安全・安心なものを選ぼうとする消費者の心理が働くためです。ブランディングは消費者にとって付加価値となります。

企業がブランディングをする上で、Web上での活動はとても大切です。多くの商品を出している企業、とりわけ飲料や食品会社においては、商品1つ1つのドメインを持ち、そのブランドだけのサイトを運営しているところが多くあります。そうしたことで消費者は、同じ会社から出ている他の商品と切り分けて捉えることができ、より商品のイメージを確立させやすくなっています。特に従来のものより高級な商品を販売するときは、この販売戦略によって「高級」「質がいい」などのイメージを広めようとします。また、従来のものとコンテンツを切り分けることで、その商品独自のキャンペーンの展開もしやすくなります。アパレルメーカーなどでは、商品のほうが企業の名前より有名になっているケースも多々あります。知名度を高めるということは、それだけで物が売れやすい環境を作るのです。